障害年金ってナンだろう?

できるだけ少ない文字数で障害年金について書こうと思います。

障害等級1,2,3級

ご自分が障害等級1級、2級、もしくは3級に該当するか予測してください。

法令では障害等級1,2,3級は以下のように定められています。

国民年金法施行令別表、および厚生年金保険法施行令別表第1、第2より

1級

 身体の機能の障害または長期にわたる安静を必要とする病状が、日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度のものとする。

この日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度とは、他人の介助を受けなければほとんど自分の用を弁ずることができない程度のものである。

 例えば、身のまわりのことはかろうじてできるが、それ以上の活動はできないもの、または行ってはいけないもの、すなわち病院内の生活でいえば、活動の範囲がおおむね就床室内に限られるものである。

2級

 身体の機能の障害または長期にわたる安静を必要とする病状が、日常生活がいちじるしい制限を受けるか、または日常生活にいちじるしい制限を加えることを必要とする程度のものとする。

この日常生活がいちじるしい制限を受けるか、または日常生活にいちじるしい制限を加えることを必要とする程度とは、必ずしも他人の助けを借りる必要はないが、日常生活はきわめて困難で、労働により収入を得ることができない程度のものである。

 例えば、家庭内のきわめて温和な活動(軽食作り、下着程度の洗濯など)はできるが、それ以上の活動はできないもの、または行っていいけないもの、すなわち病院内の生活でいえば、活動の範囲がおおむね病棟内に限られるものであり、家庭内の生活でいえば、活動の範囲がおおむね家屋内に限られるものである。

3級

労働がいちじるしい制限を受けるか、または労働にいちじるしい制限を加えることを必要とする程度のものとする。

障害等級1,2,3級は、上記の定めにもとづいて、下のように分けて定められています。

障害認定基準、第3章

第1節

眼の障害

第2節

聴覚の障害

第3節

鼻腔機能の障害

第4節

平衡機能の障害

第5節

そしゃく・えんげ機能の障害

第6節

音声または言語機能の障害

第7節

肢体の障害

上肢の障害

下肢の障害

体幹・脊柱の機能の障害

肢体の機能の障害

第8節

精神の障害

第9節

神経系統の障害

第10節

呼吸器疾患の障害

第11節

心疾患による障害

第12節

腎疾患による障害

第13節

肝疾患による障害

第14節

血液・造血器疾患による障害

第15節

糖尿病による障害

第16節

がんによる障害

第17節

高血圧症による障害

第18節

その他の疾患による障害

第19節

重複障害