障害年金ってナンだろう?

できるだけ少ない文字数で障害年金について書こうと思います。

造血器腫瘍群(白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫等)

造血器腫瘍群(白血病悪性リンパ腫、多発性骨髄腫等)

障害等級

A表

(臨床所見)

B表

(検査所見)

一般状態区分表

1級

Ⅰ欄のなかの所見が1つ以上ある

Ⅰ欄のなかの所見が1つ以上ある

2級

Ⅱ欄のなかの所見が1つ以上ある

Ⅱ欄のなかの所見が1つ以上ある

ウまたはエ

3級

Ⅲ欄の所見がある

Ⅲ欄の所見がある

イまたはウ

A表

区分

臨床所見

1 発熱、骨・関節痛、るい痩、貧血、出血傾向、リンパ節腫脹、易感染症、肝脾腫等がいちじるしい

2 輸血をひんぱんに必要とする

3 急性転化の症状を示す

1 発熱、骨・関節痛、るい痩、貧血、出血傾向、リンパ節腫脹、易感染症、肝脾腫等がある

2 輸血をときどきとする

3 容易に治療に反応せず、憎悪をきたしやすい

治療に反応するが、肝脾腫を示しやすい

B表

区分

検査所見

1 病的細胞が出現している

2 末梢血液中の赤血球数が200万/μl未満

3 末梢血液中の血小板数が2万/μl未満

4 末梢血液中の正常顆粒球数が500/μl未満

5 末梢血液中の正常リンパ球数が300/μl未満

6 C反応性タンパク(CRP)が陽性

7 乳酸脱水素酵素(LDH)が上昇を示す

1 白血球数が正常化しがたい

2 末梢血液中の赤血球数が200万/μl以上300万/μl未満

3 末梢血液中の血小板数が2万/μl以上5万/μl未満

4 末梢血液中の正常顆粒球数が500/μl以上1,000/μl未満

5 末梢血液中の正常顆粒球数が300/μl以上600/μl未満

白血球が増加している

詳しいことは以下のサイトで、「血液・造血器疾患による障害」の項目をごらんください。