障害年金ってナンだろう?

できるだけ少ない文字数で障害年金について書こうと思います。

高血圧症による障害

高血圧症による障害は以下のとおりです。

請求には、120号の6-(1)の診断書を使います。

障害等級

症状(単に高血圧であるだけでは障害年金の対象にはなりません)

1級

下の条件に当てはまる場合(悪性高血圧症)

ア.高い拡張期性高血圧(通常最小血圧が120mmHg以上)

イ.眼底所見でKeith-Wagener分類Ⅲ群以上

ウ.腎機能障害が急激に進行し、放置すれば腎不全にいたる

エ.全身症状の急激な悪化を示し、血圧、腎障害の憎悪とともに、脳症状や心不全を多く伴う

2級

1年内の一過性脳虚血発作、動脈硬化の所見のほかに出血、白斑をともなう高血圧性網膜症

3級

下のいずれかに該当する

頭痛、めまい、耳鳴り、手足のしびれ等の自覚症状があり、1年以上前に一過性脳虚血発作があったもの、眼底に著明な動脈硬化の所見を認めるもの

大動脈解離や大動脈瘤を合併している高血圧

高血圧症により脳の障害を合併しているときは、「精神の障害」や「神経系統の障害」の認定要領によって認定されます。

高血圧症により心疾患を合併しているときは、「心疾患による障害」の認定要領によって認定されます。

高血圧症により腎疾患を合併しているときは、「腎疾患による障害」の認定要領によって認定されます。

動脈硬化性末梢動脈閉塞症を合併している高血圧で、運動障害が生じているものは、「肢体の障害」の認定要領によって認定されます。

詳しいことは以下のサイトで、「高血圧症による障害」の項目をごらんください。