障害年金ってナンだろう?

できるだけ少ない文字数で障害年金について書こうと思います。

初めて1,2級(障害厚生年金)

障害がいくつかあって、いずれも障害等級3級以下である場合に、次の3つすべてに該当していれば障害厚生年金が支給されます。

支給開始は、年金を請求した月の翌月です。

後発障害の初診日に、厚生年金保険の被保険者だった。

後発障害の初診日の前日に、一定の保険料納付実績がある(割愛します)。

後発障害の障害認定日から65歳の誕生日の前々日までのあいだに、すべての障害を合わせてはじめて障害等級1級もしくは2級の状態に該当するようになった。

特別障害給付金

下の3つすべてに該当すると特別障害給付金が受けられます。

障害基礎年金や障害厚生年金の受給権を有していない

初診日が下の①または②に該当する

初診日が1961(昭和36)年4月1日から1991(平成3)年3月31日の間にあり、当時学生(※1)で国民年金の任意加入対象者だったが、任意加入していなかった。

初診日が1961(昭和36)年4月1日から1986(昭和61年)年3月31日の間にあり、当時会社員や公務員等の配偶者(※2)で国民年金の任意加入対象者だったが、任意加入していなかった。

65歳の誕生日の前々日までに、障害等級1級または2級に該当するようになった

特別障害給付金の額は以下のとおりです。

障害等級

月額

1級

51,400円

2級

41,200円

※1

次のアまたはイの昼間部に在学していた学生とされています(定時制、夜間部、通信を除きます)。

ア.大学(大学院)、短大、高等学校および高等専門学校

イ.1986(昭和61)年4月から1991(平成3)年3月まではさらに、専修学校および一部の各種学校(略)

※2

ア.被用者年金制度(厚生年金保険、共済組合等)の加入者の配偶者

イ.上記アの老齢給付受給権者および受給資格期間満了者(通算老齢・通算退職年金を除く)の配偶者

ウ.上記アの障害年金受給者の配偶者

エ.国会議員の配偶者

オ.地方議員の配偶者(ただし1962〔昭和37〕年12月以降)

広告を非表示にする

障害等級1,2,3級

ご自分が障害等級1級、2級、もしくは3級に該当するか予測してください。

法令では障害等級1,2,3級は以下のように定められています。

国民年金法施行令別表、および厚生年金保険法施行令別表第1、第2より

1級

 身体の機能の障害または長期にわたる安静を必要とする病状が、日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度のものとする。

この日常生活の用を弁ずることを不能ならしめる程度とは、他人の介助を受けなければほとんど自分の用を弁ずることができない程度のものである。

 例えば、身のまわりのことはかろうじてできるが、それ以上の活動はできないもの、または行ってはいけないもの、すなわち病院内の生活でいえば、活動の範囲がおおむね就床室内に限られるものである。

2級

 身体の機能の障害または長期にわたる安静を必要とする病状が、日常生活がいちじるしい制限を受けるか、または日常生活にいちじるしい制限を加えることを必要とする程度のものとする。

この日常生活がいちじるしい制限を受けるか、または日常生活にいちじるしい制限を加えることを必要とする程度とは、必ずしも他人の助けを借りる必要はないが、日常生活はきわめて困難で、労働により収入を得ることができない程度のものである。

 例えば、家庭内のきわめて温和な活動(軽食作り、下着程度の洗濯など)はできるが、それ以上の活動はできないもの、または行っていいけないもの、すなわち病院内の生活でいえば、活動の範囲がおおむね病棟内に限られるものであり、家庭内の生活でいえば、活動の範囲がおおむね家屋内に限られるものである。

3級

労働がいちじるしい制限を受けるか、または労働にいちじるしい制限を加えることを必要とする程度のものとする。

障害等級1,2,3級は、上記の定めにもとづいて、下のように分けて定められています。

障害認定基準、第3章

第1節

眼の障害

第2節

聴覚の障害

第3節

鼻腔機能の障害

第4節

平衡機能の障害

第5節

そしゃく・えんげ機能の障害

第6節

音声または言語機能の障害

第7節

肢体の障害

上肢の障害

下肢の障害

体幹・脊柱の機能の障害

肢体の機能の障害

第8節

精神の障害

第9節

神経系統の障害

第10節

呼吸器疾患の障害

第11節

心疾患による障害

第12節

腎疾患による障害

第13節

肝疾患による障害

第14節

血液・造血器疾患による障害

第15節

糖尿病による障害

第16節

がんによる障害

第17節

高血圧症による障害

第18節

その他の疾患による障害

第19節

重複障害

 

眼の障害

眼の障害はおおまかに言うと以下のとおりです。

請求には120号の1の診断書をつかいます。

障害等級

眼の障害

1級

右眼の矯正視力と左眼の矯正視力を別々に計って、足し合わせた数値が、0.04以下

2級

 

下のどちらかに該当すること

右眼の矯正視力と左眼の矯正視力を別々に計って、足し合わせた数値が、0.05以上0.08以下

求心性視野狭窄または輪状暗点があって、下のいずれかに該当する。

(ア)I/2の視標で、両眼の視野がそれぞれ5度以内におさまる

(イ)両眼の視野がそれぞれI/4の視標で中心10度以内におさまるもので、かつ、I/2の視標で中心10度以内の8方向の残存視野の角度の合計が56度以下(この場合、左右別々に8方向の視野の角度をもとめ、いずれか大きい方の合計が56度以下のものとする)

3級

右眼の矯正視力と左眼の矯正視力がともに0.1以下

詳しいことは以下のサイトで、「眼の障害」の項目をごらんください。

下のサイトの冒頭に、わかりやすいパンフレットがあります。

 

広告を非表示にする

聴覚の障害

聴覚の障害はおおまかに言うと以下のとおりです。

請求には、120号の2の診断書を使います。

障害等級

聴覚の障害

1級

両耳の聴力レベルが100デジベル以上

2級

次のいずれかに該当すること

両耳の聴力レベルが90デジベル以上

両耳の平均純音聴力レベル値が80デジベル以上で、かつ、最良語音明瞭度が30%以下

3級

次のいずれかに該当すること

両耳の平均純音聴力レベル値が70デジベル以上

両耳の平均純音聴力レベル値が50デジベル以上で、かつ、最良語音明瞭度が50%以下

詳しいことは以下のサイトで、「聴覚の障害」の項目をごらんください。

広告を非表示にする

平衡機能の障害

平衡機能の障害はおおまかに言うと以下のとおりです。

請求には、120号の2の診断書を使います。

障害等級

平衡機能の障害

2級

四肢体幹に器質的異常がない場合に、閉眼で起立・立位保持が不能、または開眼で直線を歩行中に10メートル以内に転倒する、あるいはいちじるしくよろめいて歩行を中断せざるを得なくなる状態

3級

次のいずれかに該当すること

閉眼では起立・立位保持が不安定、開眼では直線10メートルを、多少転倒しそうになったりよろめいたりするがどうにか歩き通せる状態

めまいの自覚症状が強く、他覚所見として眼振など平衡機能検査の結果に明らかな異常所見が認められ、かつ、労働が制限を受けるかまたは労働に制限を加えることを必要とする状態

詳しいことは以下のサイトで、「平衡機能の障害」の項目をごらんください。

広告を非表示にする

そしゃく・嚥下機能の障害

そしゃく・嚥下機能の障害はおおまかに言うと以下のとおりです。

請求には、120号の2の診断書を使います。

障害等級

歯の障害による場合は、補綴等の治療を行った結果により認定します

2級

流動食以外は摂取できない場合、経口的に食物を摂取することができない場合、および経口的に食物を摂取することが極めて困難な場合(食物が口からこぼれ出るため常に手、器物等でそれらを防がなければならないとか、1日の大半を食事に費やさなければならないといった状態)

3級

経口摂取のみでは十分な栄養摂取ができないため、ゾンデ栄養の併用が必要な場合、もしくは全粥または軟菜以外は摂取できないほどの状態

詳しいことは以下のサイトで、「そしゃく・嚥下機能の障害」の項目をごらんください。

音声または言語機能の障害

音声または言語機能の障害はおおまかに言うと以下のとおりです。

請求には、120号の2の診断書を使います。

障害等級

歯のみの障害による場合は、補綴等の治療を行った結果により認定します

2級

下のいずれかに該当する

1.発音に関わる機能を喪失した。または、話すことか、聞いて理解することのどちらか、もしくは両方がほとんどできない。そのため、日常会話が誰とも成立しない

2.喉頭全摘出手術を受けて、発音に関わる機能を喪失した

3級

話すことか、聞いて理解することのどちらか、または両方に多くの制限がある。そのため、日常会話が、たがいに内容を推論したり、たずねたり、見当をつけるなりすることで部分的にのみ成り立っている

詳しいことは以下のサイトで、「音声または言語機能の障害」の項目をごらんください。

呼吸器疾患による障害

呼吸器疾患による障害は以下のように分類されます。

請求には、120号の5の診断書を使います。

結核

じん肺

呼吸不全

慢性気管支喘息

在宅酸素療法

肺結核

結核は病状判定と昨日認定によって認定します。

①病状判定

障害等級

病状判定

1級

認定の時期前6月以内に常時排菌があり、胸部X線所見が日本結核病学会病型分類のⅠ型(広汎空洞型)またはⅢ型(不安定非空洞型)で、病巣の広がりは3(大)、かつ、長期にわたる高度の安静と常時の介護を必要とする

2級

次のどちらかに該当する

認定の時期前6月以内に排菌がなく、胸部X線所見が日本結核病学会病型分類のⅠ型(広汎空洞型)もしくはⅡ型またはⅢ型(不安定非空洞型)で、病巣の広がりは3(大)、かつ、日常生活が著しい制限を受けるかまたは日常生活に著しい制限を加えることを必要とする

認定の時期前6月以内に排菌があり、胸部X線所見が日本結核病学会病型分類のⅢ型(不安定非空洞型)で、病巣の広がりは1(小)または2(中)、かつ、日常生活が著しい制限を受けるかまたは日常生活に著しい制限を加えることを必要とする

3級

次のどちらに該当する

認定の時期前6月以内に排菌がなく、胸部X線所見が日本結核病学会病型分類のⅠ型(広汎空洞型)もしくはⅡ型またはⅢ型(不安定非空洞型)で、積極的な抗結核薬(2剤以上)による化学療法を受け、かつ、日常生活が著しい制限を受けるかまたは日常生活に著しい制限を加えることを必要とする

認定の時期前6月以内に排菌があり、胸部X線所見が日本結核病学会病型分類のⅣ型で、かつ、労働に制限を受けるか、または労働に制限を受けることを必要とする

②機能判定

障害等級

動脈血ガス分析値

予測肺活量1秒率

一般状態区分表

(下記)

1級

動脈血O2分圧は55Torr以上、

動脈血CO2分圧は60Torr以上

20%以下

2級

動脈血O2分圧は60~56Torr、

動脈血CO2分圧は51~59Torr

30~21%

ウまたはエ

3級

動脈血O2分圧は70~61Torr、

動脈血CO2分圧は46~50Torr

40~31%

イまたはウ

一般状態区分表

一般状態区分表

無症状で社会活動ができ、制限を受けることなく、発表前と同等にふるまえる

軽度の症状があり、肉体労働は制限を受けるが、歩行、軽労働や座業はできるもの、例えば、軽い家事、事務など

歩行や身のまわりのことはできるが、時に少し介助が必要なこともあり、軽労働はできないが、日中の50%以上は起居している

身のまわりのある程度のことはできるが、しばしば介助が必要で、日中の50%以上は就床しており、自力では屋外への外出等がほぼ不可能となっている

身のまわりのこともできず、常に介助を必要とし、終日就床を強いられ、活動の範囲がおおむねベッド周辺に限られる

詳しいことは以下のサイトで、「呼吸器疾患による障害」の項目をごらんください。

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする

じん肺

病状認定と機能判定によって認定します。

①病状判定

障害等級

病状判定

1級

胸部X線所見がじん肺法の分類第4型で、大陰影の大きさが1側の肺野の1/3以上、かつ、長期にわたる高度の安静と常時の介護を必要とする

2級

胸部X線所見がじん肺法の分類第4型で、大陰影の大きさが1側の肺野の1/3以上、かつ、日常生活が著しい制限を受けるかまたは著しい制限を加えることを必要とする

3級

胸部X線所見がじん肺法の分類第3型で、かつ、労働が制限を受けるかまたは制限を加えることを必要とする

②機能判定

障害等級

動脈血ガス分析値

予測肺活量1秒率

一般状態区分表

(下記)

1級

動脈血O2分圧は55Torr以上、

動脈血CO2分圧は60Torr以上

20%以下

2級

動脈血O2分圧は60~56Torr、

動脈血CO2分圧は51~59Torr

30~21%

ウまたはエ

3級

動脈血O2分圧は70~61Torr、

動脈血CO2分圧は46~50Torr

40~31%

イまたはウ

一般状態区分表

一般状態区分表

無症状で社会活動ができ、制限を受けることなく、発表前と同等にふるまえる

軽度の症状があり、肉体労働は制限を受けるが、歩行、軽労働や座業はできるもの、例えば、軽い家事、事務など

歩行や身のまわりのことはできるが、時に少し介助が必要なこともあり、軽労働はできないが、日中の50%以上は起居している

身のまわりのある程度のことはできるが、しばしば介助が必要で、日中の50%以上は就床しており、自力では屋外への外出等がほぼ不可能となっている

身のまわりのこともできず、常に介助を必要とし、終日就床を強いられ、活動の範囲がおおむねベッド周辺に限られる

詳しいことは以下のサイトで、「呼吸器疾患による障害」の項目をごらんください。

広告を非表示にする

呼吸不全

呼吸不全は以下のとおりです。

障害等級

動脈血ガス分析値

予測肺活量1秒率

一般状態区分表

(下記)

1級

動脈血O2分圧は55Torr以上、

動脈血CO2分圧は60Torr以上

20%以下

2級

動脈血O2分圧は60~56Torr、

動脈血CO2分圧は51~59Torr

30~21%

ウまたはエ

3級

動脈血O2分圧は70~61Torr、

動脈血CO2分圧は46~50Torr

40~31%

イまたはウ

一般状態区分表

一般状態区分表

無症状で社会活動ができ、制限を受けることなく、発表前と同等にふるまえる

軽度の症状があり、肉体労働は制限を受けるが、歩行、軽労働や座業はできるもの、例えば、軽い家事、事務など

歩行や身のまわりのことはできるが、時に少し介助が必要なこともあり、軽労働はできないが、日中の50%以上は起居している

身のまわりのある程度のことはできるが、しばしば介助が必要で、日中の50%以上は就床しており、自力では屋外への外出等がほぼ不可能となっている

身のまわりのこともできず、常に介助を必要とし、終日就床を強いられ、活動の範囲がおおむねベッド周辺に限られる

詳しいことは以下のサイトで、「呼吸器疾患による障害」の項目をごらんください。

広告を非表示にする

慢性気管支ぜんそく

慢性気管支ぜんそくは以下のとおりです。

障害等級

的確な喘息治療を行い、なおも示す症状

一般状態区分表

1級

最大限の薬物療法を行っても発作強度が大発作となり、無症状の期間がなく、呼吸不全(上記C)の障害等級1級に該当し、常に在宅酸素療法を必要とする

2級

呼吸困難を常に認める。常時とは限らないが、酸素療法を必要とし、プレドニゾロンに換算して1日10mg相当以上の連用、または5mg相当以上の連用と吸入ステロイド高用量の連用を必要とする

ウまたはエ

3級

喘鳴や呼吸困難を週1回以上認める。非継続的なステロイド薬の使用を必要とする場合があり、吸入ステロイド中用量以上および長期管理薬を追加薬として2剤以上の連用を必要とし、かつ、短時間作用性吸引β2刺激薬頓用を少なくとも週に1回以上必要とする

イまたはウ

一般状態区分表

一般状態区分表

無症状で社会活動ができ、制限を受けることなく、発表前と同等にふるまえる

軽度の症状があり、肉体労働は制限を受けるが、歩行、軽労働や座業はできるもの、例えば、軽い家事、事務など

歩行や身のまわりのことはできるが、時に少し介助が必要なこともあり、軽労働はできないが、日中の50%以上は起居している

身のまわりのある程度のことはできるが、しばしば介助が必要で、日中の50%以上は就床しており、自力では屋外への外出等がほぼ不可能となっている

身のまわりのこともできず、常に介助を必要とし、終日就床を強いられ、活動の範囲がおおむねベッド周辺に限られる

詳しいことは以下のサイトで、「呼吸器疾患による障害」の項目をごらんください。

広告を非表示にする

在宅酸素療法

在宅酸素療法を施行中の場合は以下のとおりです。

障害等級

3級

24時間の在宅酸素療法を施行中で、かつ、軽易な労働以外の労働に常に支障がある(臨床症状や検査成績および具体的な日常生活状況等によってはさらに上位等級に認定されることがある)

詳しいことは以下のサイトで、「呼吸器疾患による障害」の項目をごらんください。

広告を非表示にする

心疾患による障害

心疾患による障害は障害年金では次の7つに分けられます。

弁疾患

心筋疾患

虚血性心疾患(心筋梗塞狭心症

難治性不整脈

大動脈疾患

先天性心疾患

重症心不全

請求には、120号の6-(1)の診断書を使います。

広告を非表示にする